ジャンプは1段、2段目は保険にしよう

1段で飛び越えよう
2段ジャンプは、必要に応じて使おう
3段目はありません

 

ジャンプは障害物を避けるためにあります。
むしろ、障害物なくしてジャンプ無しです。
数回遊べば、体でリズムをつかめますので、BGMを覚えましょう。

 

ホップステップ

むかし、チョークで白い輪を書いて、ケンケン飛びで
飛び越える遊びをした覚えがあります。

けっこう大変でしたが、飲み込みが早い人はあっという間に
マスターできます。

 

スーパーファミコンでおなじみのマリオのゲーム。
ファミコン世代の方なら、ご存知かと思います。

あのマリオのジャンプは、実はとても滞空時間が長く、
反重力装置でも付けているのではないかとの噂です。

個人的には、マリオのジャンプをイメージして頂くと
ジャンプがすぐに上達すると思います。

 

ちなみに、ジャンプの際に、ボタンを長く押しても
対して飛距離は伸びません。

むしろ、短く「タン、タン」と押しましょう。
押すタイミングが短いほど、より正確な操作が出来ます。

ただし、手に油が付いていたり、画面の中央をタッチしては
いけません。なるべく端っこをタッチしましょう。

 

アプリは大変面白いですが、画面が小さいので、
視力が低下してしまう恐れがあります。

30分以上連続して遊ばずに、10分くらい休憩を取りましょう。

 

コメントを残す