リリース記念イベント開催、7日間連続でログインしよう

2月3日~3月2日まで開催
7日間連続でログインしよう
レインコートサリーをゲットしよう

 

3月2日まで、記念イベントが開催されています。
7日目にログインした時点で、レアなサリーがもらえます。

レインコートサリーの能力は、巨大化アイテムの生成です。
しかも、ボーナスアイテム×3種類ももらえますので、ぜひ毎日遊びましょう。

 

最近のゲームって、ちょっと面倒な設定が多い気がする

設定と言うより、どちらかと言うと「パラメーター」の多さです。
設定項目がもう少し少ないほうが、楽に楽しめますよね。

 

どうして運営が7日連続でのログインを推奨するかと言いますと、
1日2日遊んだだけでは、このゲームの面白さは理解できないからです。

いかに楽しいゲームであっても、プレーヤーが相応のテクニックを
持っていなければ、全くもって楽しくないでしょう。

つまり、テクニックを養ってもらうために、7日連続で遊んでもらう
ことを推奨しているわけです。

同時に、7日連続で遊べば、数%の方は課金をされるわけで、
運営としてもホクホクなのです。

 

この前、このゲームのキャンディーには2種類ある事に気付きました。
チョコレート色のキャンディーのほうが、より高いポイントが得られるそうです。

皆さんも、ゲーム内のアイテムの色や形には、十分ご注意下さい。
きっと、新たな発見があると思いますよ。

このゲームに、果たしてゴールはあるの?

いちおう、あるのかもしれない
果てしないレースの行方は?
とりあえず走ろう

 

ゴールがあるかどうかは、未確認です。
ただ、ゴールしてしまうと、ハイスコアが確定してしまうので、
おそらく無いと思います。

 

このゲームって、エンドレス?

ステージが固定なので、エンドレスかどうかは分かりません。
ただ、アップデートの状況によっては、擬似ゴールが設定される
可能性はあります。

つまり、「エンドレス」です。

 

もしずっとキャラが空中で浮遊できたとしたら、
このゲームの難易度は著しく簡単になるでしょう。

それくらい、このゲームはタイミングがシビアです。
キャラは時速数十キロで走り、障害物にぶつかった時の
衝撃は数百キロに達します。

さらに、ライバルキャラを踏みつけた時の衝撃は
ダンプカーに衝突したくらいの勢いがあります。

けっこう、シビアですね。

 

ちょっと前まで、ゲームのキャラクターの表情なんて
全く考えた事もありませんでした。

しかし、このゲームではスタンプだったlineキャラクターに
個性がもたらされています。

とても多くのキャラクターが登場しますので、
lineキャラクターに初めて触れられる方も、きっとファンになるでしょう。

 

このゲームは、友達とスコア競争するのが楽しいです。
ぜひ、多くの友達をゲームに誘いましょう。

他のキャラを踏む時は、3段ジャンプを意識しよう

3段ジャンプをしよう
とにかく飛ぼう
短い時間で、たくさん稼ごう

 

ライバルキャラを踏むと、飛距離が短いジャンプになります。

このジャンプが曲者で、すぐ隣に穴があると落ちてしまうので、
緊急回避のためにジャンプをする必要があります。
2段ジャンプをした後にキャラを踏むのは避けましょう。

 

このゲーム、タイミングがシビアな気がする

シビアと言えばシビアです。ほんの少しタイミングが遅れれば、
それだけで穴に落ちる危険性だってあります。

最後まで走りきるためには、とても長い距離を見通さないといけません。
バブルをゲットするタイミングは、あなた自身の腕にかかっています。

 

私は、他のキャラを踏むことには反対です。
日本において、他人の頭を踏むことは非常に無礼なことと考えられますので、
「バトンタッチ」とか、「タスキリレー」とか、ペットボトルリレーとかにした方がいい気がします。

ちなみに、3段ジャンプはコマンドとしては出来ませんので、
2段ジャンプ+踏みつけジャンプです。
上手にジャンプして、栄光を手にしましょう。

 

なお、ジャンプのタイミングが分からない方は、公園などで
三段跳びの練習をしましょう。

最初はとても恥ずかしいですが、体でタイミングを掴むことが大切です。

ジャンプは1段、2段目は保険にしよう

1段で飛び越えよう
2段ジャンプは、必要に応じて使おう
3段目はありません

 

ジャンプは障害物を避けるためにあります。
むしろ、障害物なくしてジャンプ無しです。
数回遊べば、体でリズムをつかめますので、BGMを覚えましょう。

 

ホップステップ

むかし、チョークで白い輪を書いて、ケンケン飛びで
飛び越える遊びをした覚えがあります。

けっこう大変でしたが、飲み込みが早い人はあっという間に
マスターできます。

 

スーパーファミコンでおなじみのマリオのゲーム。
ファミコン世代の方なら、ご存知かと思います。

あのマリオのジャンプは、実はとても滞空時間が長く、
反重力装置でも付けているのではないかとの噂です。

個人的には、マリオのジャンプをイメージして頂くと
ジャンプがすぐに上達すると思います。

 

ちなみに、ジャンプの際に、ボタンを長く押しても
対して飛距離は伸びません。

むしろ、短く「タン、タン」と押しましょう。
押すタイミングが短いほど、より正確な操作が出来ます。

ただし、手に油が付いていたり、画面の中央をタッチしては
いけません。なるべく端っこをタッチしましょう。

 

アプリは大変面白いですが、画面が小さいので、
視力が低下してしまう恐れがあります。

30分以上連続して遊ばずに、10分くらい休憩を取りましょう。

 

ジェームズはどうやって手に入るの?

ジェームズは、まだ実装されていません。
もうちょっと待ちましょう。
個人的には、ブラウン推しです。

 

ジェームスを手に入れる前に、
コニーやブラウンを強化しておいたほうがいいでしょう。

ジェームスも他のキャラクター同様、
四種類まで実装されるそうです。

どういった効果が搭載されるのかはまだ不明ですが、
おそらく、夏までには遊べるようになるでしょう。

 

一体どんなキャラ?

ジェームスは、イケメンです。
長身で金髪、どこにでもいる普通の人間っぽいキャラです。

ただ、表情の変化に乏しいので、
ムーン君の方が人気が高いです。

なお、ムーン君は最後に登場するそうです。

 

lineのキャラクターについては、あまりイメージが湧きませんが、
彼らは一様に「足が速い」ことが判明しました。

このゲームにおいては、タイミングが非常に大切です。
アスリート並の速さで走る彼らを使いこなすのは、
非常に大変かもしれません。

もし、このゲームで分からないことがあれば、
ヘルプを見ましょう。きっと、有益な情報が記載されていると思います。

 

私なら、コインをためることを最初の目標にします
そうすれば、コインがたくさんたまり、体力アップアイテムなどが買えます。

その他に、「毎日コツコツ遊ぶこと」を意識しましょう。
きっと、自然と上達すると思います。

ゲーム攻略に役立つ、お勧めサリーは?

ゲーム攻略においては、サリーの活用が大切
たくさんサリーを使いこなそう
有料ガチャで、Sランクサリーが手に入る

 

サリーは、なるべくいいキャラクターを選びましょう。
いいサリーは、それだけコストが高いです。

サリーの入手方法は3つです。

①友達ポイント100ポイントでゲットできるプレゼントボックス
②コイン4000枚でゲットできるタマゴ
③ルビー20個で召喚

この3つが主なゲット方法です

 

ちなみに、ルビーゲットのためには、課金が必要です。
無課金でゲットするためには、友達招待やログインボーナスを使いましょう。

もしくは、当サイトのトップページに御アクセス下さい。

 

冷静に考えますと、サリーが直接スコアアップにつながることは少ないです。
ただし、Sランクサリーを使いこなせるくらい上達すると、考えが変わるでしょう。

それは、「サリーのおかげで、窮地を脱することが出来るケース」に多々遭遇するからです。
例として、エンジェルサリーが穴に落ちたキャラを救出することがあります。

 

エンジェルサリーはSランクで、めったにゲットできませんが、
強化すれば最大6回までレスキューしてくれますので、強化する価値は高いと思います。

 

ちなみに、コインが余っても、すぐにサリーにつぎ込まないほうがいいです。
コニーやブラウンなど、基本キャラの解放にお金を費やしたほうがいいでしょう。

【お知らせ】1日3回の、ハッピータイムイベントを攻略しよう

9時から9時30分
12時から12時30分
20時から20時30分

経験値3倍のキャンペーンが実施されています。
不定期開催ですので、いつ終了するか分かりません。

なお、スタート時刻でカウントされますので、30分丁度に始めても、
経験値は3倍になるみたいです。

 

経験値って何?

ユーザーランクを上げる数値です。
ランクが高ければ、スコア精算時にボーナスがもらえます。

 

私なら、このキャンペーンを無理に利用しようとは思いません。

このキャンペーンで経験値が3倍もらえても、3倍長く走れるわけではありませんし、
3回遊べば同じだけ経験値がもらえるからです。

 

冷静に考えますと、「経験値」の意味が違ってくる気がします。
つまり「キャラを育てるための経験値」が本来必要なわけです。

ところが、コニーもサリーも「Sランク」を使えば、高いスコアが取れますし、
コインを使ってパラメータを強化したり、アイテムを買うことで、走る距離も増加します。

経験値よりも、コイン3倍のほうが、ずっと遊びたくなる気がします。

 

ちなみに、走っているときに目線を上に向けず、足元を見て走るのが
lineキャラクターの特徴です。

どうして足元だけ見ているかというと、足元が突然崩れ落ちたり、
道を踏み外すかもしれないからです。

2次元の世界の足場は、おそらくとても狭いのでしょう。
お疲れ様です。

【お知らせ】友達招待イベントを使いこなそう

友達を招待しよう
最大で、1日20人まで
まずは5人招待しよう

 

友達を増やすと、以下のキャンペーンが適用されます。

5人招待:2000コイン
20人招待:ルビー10個
30人招待:ペットの卵(サリー)
50人招待:ヒップホップコニー

ぜひ、多くの友達を招待しましょう。

 

友達招待が、時々面倒くさくなる

友達招待は、成功するまでが大変です。
ただ、友達になりたい方は、大抵寂しがりやです。
ちょっと話を聞いてあげれば、すぐに打ち解けられるでしょう。

もし、大々的に友達集めをしたいなら、
「lineで大量募集」をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、友達招待イベントがあっても無くても、
多分友達招待はしません。

というか、出来ません。

 

lineは、とにかく多くの方を招待するのが目的のアプリです。
lineと連携しているアプリは、ほとんどすべてこのシステムに則っています。

もしあなたがlineで1000人以上の友達がいるなら、
ぜひ、line上で宣伝をしてみてはいかがでしょうか?

1回宣伝すれば、それだけで十分効果があるでしょう。

 

もし、このキャンペーンを知らない方がいれば、
ぜひ、お知らせしてみてください。最初は驚かれるかもしれませんが、
きっと、受け入れてもらえるはずです。

なお、このキャンペーンへの参加は任意ですので、ご安心下さい。

【お知らせ】リリース記念イベント開催中

1/27~2/16まで開催中
高得点でルビーをゲットしよう
100万点はさすがにキツいかも?

 

15万点、50万点そして100万点突破時に、ルビーが10個もらえます。
ちょっと課金すれば、15万点は簡単に到達できます

あなたの平均スコアと照らし合わせて、チャレンジしてみましょう。

 

課金前提?

いえ、全然そんなことはありません。
むしろ、課金をしなくても良いので、そんなに困らないです。

課金が必要となるのは、「ハイスコア」更新を狙う時だけです。
それ以外のときは、課金は必要ないでしょう。

 

リリース記念だからこそ、出来ることがあります。
それは、「リリースされた情報があることを、他の人に
お知らせすること」です。

普通、新たに始まったサービスについては、多くの人が
試しに体験してみたいと思うものです。

だからこそ、リリースされた情報については、
とりあえず試してみたいと思ったり、とりあえず
シェアしてみたいと思うものです。

遠慮はいりませんので、どんどんこの情報を多くの方と
シェアしてみてはいかがでしょうか?

 

特に、記念イベントを使った招待は、
多くの友達の心に響くものだと思います。

この機会に、ぜひたくさんの友達を招待して、
多くの友達とこのゲームで遊んでみましょう。

ハイスコア一覧も確認できますので、ぜひ、ご活用下さい。

おすすめ攻略情報:障害物は、なるべく1段ジャンプで避けよう

2段ジャンプは、着地後の修正が大変
1段ジャンプでダメージを受けても、即ゲームオーバーにならない
水や穴に落ちれば、ゲームオーバー

 

障害物多すぎ

このゲームにおいては、障害物が最も邪魔です。
その代わり、障害物を乗り越える手段もたくさんあります

最も一般的な回避方法がジャンプですが、
バブル内のアイテムでパワーアップして、無敵になる事も出来ます。

 

ジャンプにおいては、それなりの訓練が必要です。
このゲームの醍醐味は「走って、跳ぶこと」なので、ジャンプが出来ないと
大変です。

ジャンプのタイミングを掴むためには、何度もゲームで遊ぶか、
実際に外に出て走ってみましょう。

体で動きを掴むことで、キャラと同じ立場に立って、長距離を全力疾走し、
ジャンプすることが出来るようになれます。

 

どうして障害物を1段ジャンプで避けないといけないかと言いますと、
穴に落ちそうなときに、最後の望みをかけて、ジャンプをして、
何とかやり過ごすことが出来るケースがあるからです。

このゲームは、ちょっとしたミスが命取りになります。
なるべく、ジャンプの回数を減らすことで、保険をかけておき、
万が一の時に対応することが大切です。

 

もしあなたがこのゲームで遊ぶなら、
ジャンプをなるべく控えて遊ばれたほうが良いでしょう。